ニュースリリース

大統領規定2014年第39号の修正

2016年02月12 ニュースリリース

2016年2月12日付の新聞記事によると、大統領規定2014年第39号の修正が行われる予定。
この修正により以前より規制、または禁止されていた外国資本が投資しやすくなる見通し。
 
今回発表された修正の内容は、業種によって外国資本の比率の割合増加が行われるというもの。例として以下のような商業サービスも含まれている。
・ディストリビューター 外国資本33%→67%
・倉庫         外国資本33%→67%
・冷蔵保管       外国資本33%、67%→100%
など
 
さらに、資本の比率だけではなくビザの面だと
・訪問ビザが30日間が滞在可能で5回まで延長できるようになる
 1回当たり30日間延長可能
など
 
今回の変更は、2012年より経済成長が鈍くなった事に対しての対策であるとされている。
 
今後正式に発表されましたらまたご報告させていただきます。

« ニュース一覧に戻る