ニュースリリース

【雑誌掲載】月刊イスラム市場12月号(「月刊イスラム市場」より転載許可済)

2013年12月20 ニュースリリース

INOA商事株式会社 ハディアント・ソエタントが語る⑨インドネシアビジネス・日本ビジネス

インドネシア人との『会食』

前回は金銭等の請求・受け取りに関する注意事項について、お話を伺いました。不動産を借りる際には、最初に全額を払う、途中解約の場合に返金がないことが多いなどの現地情報は参考になりました。今回は、会食についてお聞かせください。
 

国が定めた5つの宗教のうち、イスラム教のインドネシア人の方にはハラル料理を

㈠    インドネシア人との会食に関して、注意が必要なところがありますか?

インドネシアは、国が認める宗教がイスラムを含めて5つ(イスラム教、プロテスタント教、カトリック教、ヒンドゥー教、仏教)あります。特にイスラム教の場合にはハラル料理になりますから、先方に尋ねる必要があります。

直接宗教を聞くより、何を食べたいかを聞く

㈡    直接、宗教を聞いても良いのですか?
 
日本人の方が聞く場合には問題ないでしょう。ただ、通常インドネシア人同士では宗教について直接聞いたりすることはあまりしません。それよりも、会食が決まったら、先方に何を食べたいか、どんな料理を食べるか大体聞きますね。インドネシアでは民族料理、例えばパダン料理やスンダ料理等ありますが、こういった料理は必ずハラル料理なので、心配しなくても大丈夫です。
ヒンズー教徒もおりますので、「牛肉を食べない」または「肉を食べない」という方もいらっしゃいます。
 

会食には女性を誘ってOK。席順はメインゲストの希望を伺う

㈢    会食には女性を誘っても良いですか?

構いません。インドネシアの会食は、日本と違って堅苦しくありません。席順も決まっていませんが、メインゲストにはどこに座りたいかをお伺いします。お好きな席に座って頂きましょう。早く来た人から席について、一同が集まってから会食が始まります。パダン料理では、おかずが20種類ほどテーブルに並べられ、お好きな料理をご自分で取ります。
 

基本的に支払いは誘った方が全額負担

 
㈣    最後に支払いについてですが、どなたが払いますか?
日本でも同じだと思いますが、誘った人が全額を負担します。割り勘はないので、ご注意ください(笑)。
ありがとうございます。次回もインドネシア事情について、ご教授をお願いします。
 
 

« ニュース一覧に戻る